PDF JPG
本書有DRM加密保護,需使用HyRead閱讀軟體開啟
  • 台湾の日本語学習者による長音の知覚研究
  • 點閱:25
  • 作者: 洪心怡著
  • 出版社:白象文化
  • 出版年:2019[民108]
  • ISBN:9789863588108
  • 格式:PDF,JPG
租期14天 今日租書可閱讀至2021-12-23

 
◎以台灣日語學習者為研究對象的長音聽辨實驗研究。
◎不僅為日語語音學,也是對照語言學、聽覺心理學、第二語言學習的實證研究。
◎參考文獻網羅國內外日語長音知覺研究的研究成果。
 

本書以日語特殊拍中的長音為研究題材,藉由長音知覺實驗,來闡明台灣日語學習者在聽覺上如何察覺長音的存在。內容包含以下四項課題。
(1)以長音母音持續時長、前音節母音時長、後續子音種類三者為實驗變異數,探討影響台灣日語學習者判斷長音時的語音線索為何。
(2)探討日語能力的提升,是否有助於長音知覺的學習。並探討日語能力的提升,對語音實驗中各個變異數的效果是否產生影響。
(3)闡明學習者對長音的知覺是否符合範疇式知覺現象。
(4)藉由觀察長音知覺習得過程的演變,提出學習者的長音知覺習得模式。
 
您想了解作者如何經由實驗辨證及論述解決以上四項課題嗎?
推薦給初入日語語音學殿堂的讀者
推薦給正在研究日語長音的讀者


作者介紹
 
洪心怡 (コウ シンイ)
 
2004年 大阪大学大学院言語文化研究科博士学位取得

2004年 高雄第一科技大学応用日語系助理教授
2012年 高雄第一科技大学応用日語系副教授
現在 高雄科技大学応用日語系副教授
 
専門分野:日本音声学、実験音声学
主な著書などとして:『台湾人日本語学習者における促音の知覚研究―閉鎖持続時間を主な変数に―』(白象文化, 2011)


  • まえがき(第i頁)
  • 第1章  序論(第1頁)
    • 1.1 研究背景(第2頁)
    • 1.2 研究目的(第4頁)
    • 1.3 研究方法(第6頁)
    • 1.4 本研究の位置づけ(第7頁)
    • 1.5 本研究の構成(第10頁)
  • 第2章  先行研究(第13頁)
    • 2.1 日本語母語話者における長音の知覚(第14頁)
    • 2.2 外国人学習者における長音の知覚(第22頁)
    • 2.3 台湾の学習者に見られる長音研究の現状(第37頁)
  • 第3章  長音知覚実験(第43頁)
    • 3.1 実験目的(第44頁)
    • 3.2 実験方法(第45頁)
    • 3.3 実験の概要(第48頁)
    • 3.4 実験手順(第60頁)
    • 3.5 分析の枠組み(第61頁)
  • 第4章  日本語母語話者に よる実験結果(第63頁)
    • 4.1 実験結果の集計(第64頁)
    • 4.2 音響音声的要因(第70頁)
    • 4.3 カテゴリー的知覚についての考察(第85頁)
    • 4.4 知覚判断境界についての考察(第93頁)
  • 第5章  台湾の日本語学習者に よる実験結果(第99頁)
    • 5.1 実験結果の集計(第100頁)
    • 5.2 音響音声的要因(第103頁)
    • 5.3 日本語能力的要因(第118頁)
    • 5.4 カテゴリー的知覚についての考察(第130頁)
    • 5.5 知覚判断境界についての考察(第139頁)
  • 第6章  結論(第157頁)
    • 6.1 本研究の成果(第158頁)
    • 6.2 本研究の制限及び今後の課題(第162頁)
  • 参考文献(第165頁)
紙本書 NT$ 450
單本電子書
NT$ 315

點數租閱 20點
租期14天
今日租書可閱讀至2021-12-23
還沒安裝 HyRead 3 嗎?馬上免費安裝~
QR Code