本書有DRM加密保護,需使用HyRead閱讀軟體開啟
  • 台灣光華雜誌 [第44卷第10期]:領先全球.綠色紡織力
  • 點閱:12
  • 作者: 陳亮君總編輯
  • 出版社:光華畫報雜誌社
  • 出版年:2019.10
  • ISSN:1991-5268 0256-9051
  • 格式:PDF
  • 附註:中日對照 日本語版 月刊 第31卷第10號起ISSN改為1991-5268
租期7天 今日租書可閱讀至2020-01-31

本期內容簡介
 
【表紙説明】
白い糸の壁に、青い糸のグラデーションで描かれた走る人の姿。スタートを切った台湾の繊維産業を象徴しているかのようだ。(林旻萱撮影)
 

【『光華』の前進を支えるのは 読者の皆様】
今から36年前の『光華』1983年4月号の記事「僻遠中の僻遠:長浜」は、思いがけず台東県長浜中学の生徒にたくさんの思い出と感動をもたらした。2019年、『光華』のフェイスブックに王さんという人から「1983〜84年発行のバックナンバーはまだあるでしょうか」という問い合わせがあったのだ。彼らは、中学一年の時にクラス全体で『光華』の取材を受けていた。「当時、担任の先生が『光華』を一冊購入し、クラスのみんなに回し読みさせてくれました。ただ、もう30年以上も前のことなので…」とある。当時の校舎のそこここや生徒たちの記憶の中のシーンが『光華』の中に残されていて、それが学級全体の共通の記憶となっている。これは「台湾の僻地教育」のドキュメンタリーでもあった。
北台湾の基隆と瑞芳の名家である顔家は、台湾では数少ない企業家出身の名門で、『光華』が1994年3月号の記事で「顔雲年と九份金鉱の物語」を報じたことに対し、顔女史からしばしば感謝の言葉が寄せられてきた。この記事のおかげで一族の歴史を子孫に伝えることができるということだ。この記事は顔一族の記録であるだけでなく、台湾の歴史ファイルとしても貴重な資料である。顔女史はまた、『光華』の中国語・英語対称訳も称賛してくださった。顔家の子孫は欧米やオーストラリア、日本などに分散しており、中国語の読めない親戚も英訳を通して家族の歴史に触れられるからである。
こうした読者からの感謝の言葉は非常に有難く、『光華』一同の励みになるものだ。これからも、一つひとつの記事を通して台湾のさまざまな時代の変化や人々の姿を生き生きと記録していこうという原動力になる。
今月号も、こうした深く掘り下げた内容をお届けする。台湾の繊維産業の革新をテーマとする特集のほか、台湾と日本の学校間の交流、そして放置されていた空間の再利用による地方創生の物語、アジア各国への協力を惜しまない台湾アジア交流基金会などだ。
今年『光華』は学校や書店、中央研究院などを訪ねて座談会を開催している。そのテーマは「新住民」「翻訳」「写真」「慈善事業」などさまざまで、読者と向き合って踏み込んだ討論をしている。創刊43年目を迎えた『光華』は、これからもより謙虚に、台湾の人や文化、多様性を記録していき、台湾の厚みのある「warm power」を世界に伝えていこうと考えている。


台灣光華雜誌簡介
台灣光華,世界光華
「台灣光華畫報雜誌社」(原光華雜誌)於民國六十五年創刊,目前台灣光華雜誌月刊以中英對照紙本及中日對照網路版向全球一百餘個國家及地區發行,包括全美一百多家書店同步販售,訂閱對象含括學術機構、藝術文化、貿易經理人、台商、華僑、關心台灣的國際經貿組織及外籍人士。
 
中華民國台灣長期推動南向政策,東南亞不僅是台灣的鄰邦,更是重要的貿易夥伴。為增進東南亞國家對台灣的了解,也讓更多讀者知道東南亞人士在台灣生活的各種面向,於104年12月創刊《光華》東南亞三語文版(印尼文、泰文、越南文)。東南亞三語文版刊物以雙月刊方式發行,定期出版且均已數位化,建置於《光華》官網。

 
核心價值——呈現台灣蓬勃生命力
「台灣光華雜誌」每月以多元化報導及雋永圖文呈現台灣發展脈動,見證台灣政治、經濟、社會、文化的變遷。多年來以讀者最關心的話題,深入採訪報導,並以中英、中日雙語對照呈現,因而獲得「兩岸新聞報導獎」、「優良政府出版品獎」及「星雲真善美新聞傳播獎」等獎項之肯定。
 
集結叢書——累積豐富多元資料
繼「光華」第一本叢書——「面對當代人物」於民國七十三年推出後,市場反應熱烈,開啟國內雜誌界將報導系列內容集結成書風氣之先河,至今「台灣光華叢書」已輯印三十餘種,包括:「國際漢學與漢學家」、「台灣原住民文化」、「台灣特稀有生物」、「擁抱臺灣—百張圖片看現代臺灣」、「台灣民俗筆記」、「台灣好滋味」等叢書,可謂每本「台灣光華叢書」都是台灣不同面向的縮影。
 
數位整合——推動多元行銷
近年來,「台灣光華雜誌」與國內外媒體合作,進行跨界聯盟,除與知名電台合作單元專訪外,亦與多家網路平台合作發行「台灣光華電子報」及「台灣光華電子雜誌」。此外,更結合數位化科技,將累積三百期、數千萬文字之內容建立數位化資料庫系統,以多種檢索功能提升讀者閱讀及研究之服務。美國多所著名大學、國內中研院、國家圖書館、各地文化局圖書館等均為訂戶,並登上國家圖書館電子資料庫使用率排行榜。 「台灣光華雜誌」希望把台灣最真實訊息傳達給每一位讀者,不論是在國內,或是海外,讓每一個瞭解台灣的人更愛台灣,不知道台灣的人也能從這本雜誌中認識台灣、支持台灣。


  • 來自地方的明信片 基隆嶼半日遊(第1頁)
  • 編者的話 讀者是《光華》前進的力量(第2頁)
  • 封面故事 領先全球.綠色紡織力(第7頁)
    • 紡織矽谷在台灣 多重利基打造隱形冠軍(第8頁)
    • 環保織品台灣領航 富勝創造綠色奇蹟(第18頁)
    • 廢布超時尚 與自然共存榮的美麗境界(第28頁)
    • 穿上未來、智慧上身 進擊的台灣智慧紡織(第40頁)
  • 月月好讀 Variety Pages(第52頁)
  • 影像對話 軍旅映像/阿兵哥3×1(第56頁)
  • 全球視野(第66頁)
    • 民間協力新南向 台亞基金會:看見台灣暖實力(第66頁)
    • 台日交流心連心 文化.競技.扎根(第74頁)
    • 平權的旗正飄揚 同運先驅:祁家威(第84頁)
  • 島嶼行旅 花蓮豐田人文景致 五味屋的共好旅行(第92頁)
  • 藝文脈絡 台灣劍道「一本」 徐家班的榮耀與傳承(第102頁)
  • 產業新創 台灣創生前線 宜蘭斑.大山北月(第112頁)
紙本書 NT$ 150
單本電子書
NT$ 120

點數租閱 15點
租期7天
今日租書可閱讀至2020-01-31
訂閱雜誌
還沒安裝 HyRead 3 嗎?馬上免費安裝~
QR Code