本書有DRM加密保護,需使用HyRead閱讀軟體開啟
  • ベスト.オブ.ニッポンのうつわ
  • 點閱:27
  • 作者: Discover Japan編輯部編輯
  • 出版社:枻出版社
  • 出版年:2016[民105]
  • 格式:PDF
  • 附註:Discover Japan 特別編集
租期14天 今日租書可閱讀至2019-11-02

'正因為有對於人來說所不可或缺的「吃」的行為,才會有「瓷器」的誕生。
雖然每個國家都存在有器具,但卻沒有一個像日本如此善用各種種類‧形狀之文化的國家。
雖然不過是吃飯用的道具,但在漫長的歲月中不斷發展成熟,至今已成為一種受人所愛戴的文化。
世界第一的器具大國,日本。既然生於此國,就要充分地享受這足以向世界誇耀的文化。
日本各地傳統的陶瓷器、由來自柳宗悅等人所推行之民藝運動的民藝瓷器、以及閃耀著製作者個性的作家瓷器……。

本書將以充實的內容一一介紹日本瓷器的所有魅力。'


  • introduction/ニッポンは、世界一のうつわ天国です。(第2頁)
  • 日本各地の焼き物 編(第9頁)
    • 知っておきたい、ニッポンの焼き物図鑑 益子焼/笠間焼/九谷焼/瀬戸焼/常滑焼/美濃焼/信楽焼/伊賀焼/京焼/丹波焼/備前焼/萩焼/唐津焼/有田焼/薩摩焼/小砂焼/萬古焼/出石焼/上野焼/越前焼/赤膚焼/大谷焼/三川内焼(第10頁)
    • うつわの基礎知識(第44頁)
  • 民藝のうつわ 編(第52頁)
    • 日本独自のカルチャーを生んだ「民藝運動」とは?(第53頁)
    • そもそも「民藝」ってなんですか?(第54頁)
    • column/ 柳宗理のうつわをきっかけに民藝に興味を持ったあなたへ(第57頁)
    • 民藝のうつわの基礎知識(第58頁)
    • 人気の2 大うつわ産地 沖縄・読谷焼と大分・小鹿田焼 徹底研究(第60頁)
    • お菓子研究家・福田里香が、民藝のうつわに洋菓子を盛る(第73頁)
    • 英国生まれ・島根育ち「エッグベーカー」でごはんをつくろう(第81頁)
  • 作家もののうつわ 編(第89頁)
    • 完全保存版・人気ギャラリーが選ぶ うつわ作家の定番カタログ 阿南維也/安藤雅信/五十嵐元次/猪狩史幸/伊藤 環/遠藤 翔/尾形アツシ/小野哲平/小山乃文彦/亀田大介(第90頁)
    • 人気うつわ作家の暮らしに学ぶ、うつわの選び方・使い方 島るり子/志村睦彦・宮岡麻衣子/ピーター・アイビー(第113頁)
  • うつわの旅へでかけよう(第128頁)
    • 週末は、ガラスを買いに金沢へ。(第128頁)
    • 信州・松本で、1 泊2日民藝のうつわを巡る旅(第136頁)
    • 保存版/目利きのいるうつわ店へ 「Shop & Gallery 案内」(第145頁)
紙本書 NT$ 327
單本電子書
NT$ 303

點數租閱 20點
租期14天
今日租書可閱讀至2019-11-02
還沒安裝 HyRead 3 嗎?馬上免費安裝~
QR Code