本書有DRM加密保護,需使用HyRead閱讀軟體開啟
  • 台湾文学作品に見る日本語借用現象
  • 點閱:161
  • 作者: 黃意雯著
  • 出版社:致良出版社
  • 出版年:2012[民101]
  • ISBN:978-957-786-708-7 ; 957-786-708-1
  • 格式:PDF
  • 版次:初版
租期14天 今日租書可閱讀至2019-10-29

前著『日本統治期の台湾文学作品に見る小説言語』で、日本統治期の台湾人作家と日本人作家の日本語作品について、語学の歩みで凝視した。その中に「小説における台湾語使用」は大きな紙幅を占めて、台湾人作家と日本人作家の異同について比較しながら、台湾語表記の方式、数量的分布、台湾語の意味分類や台湾語使用の要因を探った。本書はその逆の立場をとって、中国語作品における日本語借用現象をめぐって論述するものである。なお、時間的にも、日本統治期から延長して戦後の第三世代まで及ぶのである。

  • 凡 例(第4頁)
  • 目 次(第5頁)
  • 第一章 日本語借用現象初探(第11頁)
    • 第一節 研究動機と目的(第11頁)
    • 第二節 研究方法(第14頁)
    • 第三節 本書の構成(第15頁)
  • 第二章 台湾の文学と言語事情(第19頁)
    • 第一節 台湾文学についての概観(第19頁)
    • 第二節 日本語との交流の歴史(第26頁)
    • 第三節 台湾の多重族群社会と言語状況(第32頁)
  • 第三章 日本語借用現象概説(第39頁)
    • 第一節 先行研究(第39頁)
    • 第二節 日本語借用現象とは何か(第47頁)
  • 第四章 共時的研究(第65頁)
    • 第一節 日本統治期(第65頁)
    • 第二節 跨世代(第91頁)
    • 第三節 戦後第二世代(第116頁)
    • 第三節 戦後第三世代(第147頁)
  • 第五章 通時的研究(第163頁)
    • 第一節 全時期の変化と特徴(第163頁)
    • 第二節 日本語借用現象の量的推移(第173頁)
    • 第三節 意味分野の変化(第192頁)
    • 第四節 日本語借用の表記(第199頁)
    • 第五節 言葉の競合(第203頁)
  • 第六章 結論(第207頁)
    • 第一節 まとめ(第207頁)
    • 第二節 今後の展望(第218頁)
  • 付録(第225頁)
    • 一、調査した作品に得られた日本語借用語数とその出現率(第225頁)
    • 二、作家、作品別の日本語借用語彙表(第256頁)
    • 三、意味分類による日本語借用語彙表(第295頁)
    • 四、語彙頻度表(第326頁)
    • 五、語彙範囲表(第337頁)
    • 六、中国語における非プロトタイプ語彙の意味(第343頁)
  • 参考文献(第350頁)
  • 初出一覧(第362頁)
紙本書 NT$ 480
單本電子書
NT$ 336

點數租閱 20點
租期14天
今日租書可閱讀至2019-10-29
還沒安裝 HyRead 3 嗎?馬上免費安裝~
QR Code