本書有DRM加密保護,需使用HyRead閱讀軟體開啟
  • 奈良寧楽
  • 點閱:425
  • 作者: 王珍妮著
  • 出版社:致良出版社
  • 出版年:2011[民100]
  • ISBN:978-957-786-625-7 ; 957-786-625-5
  • 格式:PDF
  • 版次:初版
  • 附註:封面題名:奈良寧楽随筆集
租期14天 今日租書可閱讀至2019-12-26

「奈良」古稱「大和」,是日本奈良時代都城「平城京」的所在地,至今仍深富歷史與文化意義。作者在此攻讀文學博士學位時,沈浸於奈良「定、靜、安、慮、得」的氛圍而重生,並且寫成了這個第二部也是第二次留學的生活實錄。
 
本書全文以日語寫成,共分七大主題,透過作者犀利而細膩的觀察,充分呈現奈良四季分明的風情,足以體驗異文化與各地不同的風貌。作者尚以研究與女性的角度評論語言、文化、生活等細節,亦分享了讀書心得。細細品味作者溫敦的辭藻,可以感受到作者的體悟與成長、發現不同於一般角度的奈良。喜愛散文及日本文化的您、欲擴展日語閱讀能力與視野的您,不妨一讀再讀這部獨特的雅作。

  • はじめに(第8頁)
  • 第一部 奈良の四季とウォーキング(第11頁)
    • 1 奈良を親しもう(第12頁)
    • 2 新緑を踏んで(第15頁)
    • 3 初夏を楽しむ(第19頁)
    • 4 儚さと優しさ(第21頁)
    • 5 普段着の奈良(第26頁)
    • 6 夏模様の中(第30頁)
    • 7 暑さに負けないで(第33頁)
    • 8 芸術をエンジョイ(第36頁)
    • 9 夕方の散歩(第40頁)
    • 10 晩秋のハイキング(第42頁)
    • 11 初冬の奈良公園(第46頁)
  • 第二部 日常生活(第49頁)
    • 12 再出発(第50頁)
    • 13 ハイヒール(第52頁)
    • 14 ムカデ騒動(第58頁)
    • 15 アルバイト(第61頁)
    • 16 寂しさ(第65頁)
    • 17 人生の秋を迎えて(第67頁)
    • 18 料理(第70頁)
    • 19 スピーチコンテスト(第72頁)
    • 20 冬休みの研究室(第77頁)
    • 21 韓国の茶道(第79頁)
    • 22 六月雑感(第82頁)
    • 23 生活に食ありき(第85頁)
    • 24 父ちゃん(第88頁)
    • 25 黄金色の銀杏(第92頁)
  • 第三部 深まる日本文化(第95頁)
    • 26 奈良の鹿(第96頁)
    • 27 弁当箱(第99頁)
    • 28 渋柿染(第103頁)
    • 29 卒業式を眺めつつ(第106頁)
    • 30 蜜蜂(第109頁)
    • 31 いい時代に感謝(第112頁)
    • 32 寮生活(第116頁)
    • 33 「追星族」(第120頁)
    • 34 学園祭を見て(第123頁)
  • 第四部 人間関係(第125頁)
    • 35 自分を見詰める(第126頁)
    • 36 岐路に立つ人(第128頁)
    • 37 愛の不思議な力(第131頁)
    • 38 新しい出会い(第134頁)
    • 39 余裕(第137頁)
    • 40 人間性の弱点(第140頁)
    • 41 プラス思考のパワー(第142頁)
    • 42 許しとは(第146頁)
  • 第五部 紀行(第149頁)
    • 43 桜(第150頁)
    • 44 飛騨高山の旅(第153頁)
    • 45 澤口さんとの旅(第156頁)
    • 46 二〇〇七年日本の名所巡り(第159頁)
    • 47 淡路・鳴門への旅(第163頁)
    • 48 釜山の小さな旅(第168頁)
    • 49 二〇〇八年夏の家族旅行(第173頁)
  • 第六部 研究·報告(第183頁)
    • 50 古文を読もう(第184頁)
    • 51 私の日本留学生活(第187頁)
    • 52 競争の時代(第191頁)
    • 53 『海からの贈り物』を読んで(第195頁)
    • 54 『初孫観察記』を読んで—— 吉村さんへの手紙——(第202頁)
    • 55 院生研究会での発表—— 大学院に入るきっかけ——(第208頁)
    • 56 水と生命(第212頁)
    • 57 台湾の女性運動から思うこと(第215頁)
    • 58 日本の女子高校生と交流(第218頁)
  • 第七部 家族へ思いを寄せて(第221頁)
    • 59 連れ合い(第222頁)
    • 60 父からの手紙(第224頁)
    • 61 お父さんに贈る言葉(第226頁)
    • 62 はばたく娘へ(第230頁)
    • 63 りんごの味(第235頁)
    • 64 五週間の帰省生活(第238頁)
  • 『奈良寧楽』によせて(第246頁)
  • 序に代えて(第249頁)
  • 『奈良寧楽』に寄せて(第252頁)
紙本書 NT$ 400
單本電子書
NT$ 280

點數租閱 20點
租期14天
今日租書可閱讀至2019-12-26
還沒安裝 HyRead 3 嗎?馬上免費安裝~
QR Code